入学式の小物類について

男女

小物類で印象が決まる

入学式に着ていくスーツももちろん大事ですが、スーツに合わせた小物類も重要ですよね。おしゃれで周りに良い印象を与えられる工夫をしてみましょう。

初対面では特に気を使おう

初対面では服装や持ち物で判断されてしまうことが多いです。また、初対面で植え付けてしまった印象はその後も中々変えることができないので、TPOを理解していない人、というようなレッテルを貼られないようにしましょう。

細い気配りが大事

小物類に関しては細い気配りが大事になります。入学式の意味と一般的なTPOを理解しての持ち物を選んでいくと良いでしょう。

小物類に関してのチェックポイント

パンプス

パンプスはヒールが5センチくらいのものを選びましょう。色に関してはあまり派手なものでなければどんな色でも大丈夫です。爪先が開いているようなものはもちろんNGですよ。

バッグ

入学式にバッグは必ず持っていくと思いますが、注意点が2つあります。1つ目は大きすぎるバッグは目立つので小~中くらいのものを選ぶということです。2つ目は露骨なブランド品は避けるということです。ブランド品が悪いわけではないですが、ブランドロゴが目立つようなものはやめておきましょう。

ストッキング

ストッキングに関しても注意点があります。まず色に関しては黒色は避けるということです。ベージュなど肌色に近いものが良いです。模様が目立つようなストッキングもあまりよく思われないのでやめましょう。

ファー

毛皮類は持っていかないほうが良いです。なぜかというと、毛皮のコートやマフラーなどはかなり周囲の目を引いてしまうからです。入学式はあくまで新入生が主役だということを頭に入れておきましょう。

コサージュ

コサージュは着けても問題ないです。おめでたい雰囲気を表すのに良いアクセントになりますね。色に関しては、できれば白系やピンク系などのあまり派手ではない色にしましょう。

広告募集中